進化するインプラント技術のお話

インプラント治療って何?

虫歯や病気・怪我などによって失われた歯を補うための治療方法のひとつです。
歯が失われた部分の顎の骨に、外科手術によって人工の歯根(ねっこ)を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けます。
場合によっては人工の骨を造成することもあります。

インプラントと差し歯の違いは?

差し歯は、歯の根っこが残っているときにできる治療です。
最低でも歯の根が残ってないと差し歯は出来ません。
歯そのもの全てを抜いてしまったら、時間の経過(大体1ヶ月ほど)で穴が無くなって歯肉だけになります。この場合はインプラント治療を行います。
要は歯の根っこが残っているかどうかで治療が分かれます。

インプラントのメリットは?

入れ歯やブリッジなどのように他の歯に負担を分散するのと違い、「まるで自分の歯のように」噛み締めることが出来るので機能的にも見た目にも自然で快適です。

インプラントのデメリットは?

治療方法自体が複雑で難しく、歯科ごとの技術の差があることです。
特に歯科用CTスキャナーの有無、3D模型の作成、シミュレーションどおりの手術技術などによって結果が全く違ってしまいます。

うちだ歯科のインプラント技術はどう違うの?

今までインプラント治療を困難にさせていたドリルの穴あけについて最新の技術でカバーすることが出来るようになりました。
インプラント治療は、どうしても医師の経験と勘に頼らざる終えない部分が大きく、それゆえに極稀に事故の情報を耳にしていました。

もちろん当院も細心の注意を払い技術の研鑽に努めて来ました。
ただ、可能な限り複雑でリスクのある手術方法を排除出来ないかと模索もしてきました。

その結果辿り着いたのが歯科用3D CTスキャナーとシミュレーションソフトの使用、「サージカルガイド」の使用です。
通常インプラント手術は以下の2段階に分かれています。

1.インプラントを顎の骨に埋入する手術
2.埋入したインプラントが骨としっかり結合した後、上部構造(かぶせものの歯)を作る処置

この1の際に骨にドリルで穴を開け、歯の根っことなる金属を埋め込むのですが、穴を開ける位置の決定や微妙な穴の角度の調整がとても難しいのです。

これを3Dの歯科用CTスキャナーとシミュレーションソフト、サージカルガイドを併用することで、誤差を最小限に留めることが可能になったのです。
3Dの歯科用CTスキャナーを使用している歯科医院は少なく、全国平均で10%前後と聞いております。
当院のCTスキャナーは、患者様へのX線量を従来型のものより1/24に抑えるものを採用しております。

シミュレーションソフトの使用によってより正確に立体的に患部を捕捉することが可能になりました。

3DCTスキャナーによる画像
立体的に患部を捉えることによりこれまでの技術より精度が飛躍的に向上しています。
シミュレーションソフトの精度が飛躍的に向上しています。

サージカルガイドは使用している歯科医院は少なく、大分では極わずかと聞いております。
当院はインプラント治療の患者様全員(例外的な方も極稀に居ますが)にサージカルガイドを使用させて頂いております。

サージカルガイド
サージカルガイドのおかげでドリルの位置や角度の誤差が無くなりました。

まずはご連絡ください。

ご相談はお電話、またはメールにて受付をしております。

詳細なご相談については受診時にお願い致します。